カテゴリ:THE・テクニック( 23 )
雌雄の見分け方
金魚の雌雄の見分け方について多くのお問い合わせを頂きます。


顔の大きさや、胸鰭の形や大きさ厚みによっても判断する事が出来ますが、一般的なものですと肛門の形や大きさなどでも判別する事が出来ます。


特に分かり辛いとされるピンポンパールで比べてみましょう。



a0185031_22473621.jpg
こちらは雌魚の肛門です。大きく膨らんで横にも張り出しているかのように見えますね。


よく見ると、卵管と肛門の二か所に穴が開いていますので分かり易いのではないかなと思います。



a0185031_22501138.jpg
こちらの子は雄魚の肛門です。雌魚に比べると、やや細長い印象を受けるかと思います。


肛門の下付近に筋があるのも特徴です(この子はやや脱腸気味ですが、雄魚です)


100%とは言い切れませんが(金魚は性転換もあり得ますので)一つの判断の目安となるのではないかなと思われます。



ただ眺めるだけじゃなく、じっくりと観察眼を養ってみては如何でしょうか。


※追記です。


一般的には、顔が小さく目先が尖り気味で胸鰭が大きく扇状のモノ、大きく厚みがあり胸鰭の一番外側の親骨が太いものは雄魚です。この太い親骨に追星が乗るのです(発情期)




↓販売ページはコチラから



次回の店頭販売日は12月23日24日25日13:00~18:00です。何卒宜しくお願い致します。


[PR]
by fkchimeji | 2016-12-22 22:54 | THE・テクニック
金魚ヘルペス処理対策について
a0185031_2495324.jpg

金魚ヘルペス処理につきましてお客様より質問が御座いました。


一般的な処理方法としましては、水温を加温し35℃で2週間の処理方法が多いようです。

養魚場によりましては企業秘密にされていらっしゃるところも御座いますので気になられる方は養魚場などに直接お問い合わせ下さいませ。

定食屋さんにレシピを聞くようなものですので、中々難しいことかもしれませんが。



↓販売ページはコチラから



次回の店頭販売日は11月12日13日13:00~18:00です。何卒宜しくお願い致します。


[PR]
by fkchimeji | 2016-11-08 02:55 | THE・テクニック
鈴木東の選別
鈴木東の選別についてよくお問い合わせを頂きます。今回は、色柄について、鈴木氏から学んだことですが簡単にお伝えしますと、錦鯉の昭和三色の黒仔のような柄(殆ど黒)が、とびっきり良いって事。黒仔から幼鯉に掛けて検索してみてください。勿論、胸鰭の付け根に墨が入っているものは◎

↓販売ページはコチラから



次回の店頭販売日は6月2日13:00~18:00です。宜しくお願い致します。


[PR]
by fkchimeji | 2013-06-02 00:15 | THE・テクニック
スペシャルブレンド
a0185031_21491515.jpg

ボウルを用意し、本浅葱を入れます。
a0185031_21542925.jpg

こんな感じです。
a0185031_21553553.jpg

と、そこに「金魚元気。」を加えます。
a0185031_2157418.jpg

更にここへ、ハチミツを加えて・・・
a0185031_2158462.jpg

よーくかき混ぜます。
a0185031_21591772.jpg

どうです?この食べっぷり!
a0185031_2204024.jpg

金魚は甘いものが大好き(●^o^●)
a0185031_2261267.jpg

これさえあれば、我が家では無敵んぐ!






↓販売ページはコチラから



次回の店頭販売日は4月6日7日13:00~18:00です。宜しくお願い致します。


[PR]
by fkchimeji | 2013-04-02 00:05 | THE・テクニック
六鱗柄の背トビ
本国錦柄や六鱗柄は一般的に若魚程高水温時に「背トビ」と言われる現象に陥り易い。


これらは、六鱗柄の金魚全般に言えるようで若魚のうちには上の段より下へ鱗3枚程下まで緋が残っているものを残すようにする。そうすれば成長過程で色トビをしても3歳を迎えたときに丁度良いところで止まることが多いということです(愛知県の地金生産者談)


中国からもこのような個体が多く見られますが成長や環境等で変化している個体は多く見受けられます。


金魚はあくまでも「固定」ではありませんので、成長過程で色が変わっていくのも「楽しみの一つ」とお考え下されば幸いです。


先日「やまと錦魚園」の嶋田社長とお話させて頂きましたが「中国の富裕層の方に日本の金魚がウケている」のだそうで時代も変わりつつあるんだなと思った次第です。



↓販売ページはコチラから



次回の店頭販売日は3月23日24日13:00~18:00です。宜しくお願い致します。


[PR]
by fkchimeji | 2013-03-18 00:00 | THE・テクニック
桜色をより濃くするために。
桜色の金魚の色を強い目にしたいときには普通鱗の同型の猩々金魚を交配すると色が濃くなりやすい傾向にあります。

ご参考までにどうぞ。


補足ですが透明鱗×透明鱗=透明鱗ですが、F1だと元の親が何なのかで変わります。先にご案内した普通鱗×透明鱗では銀鱗も出現します事もご承諾下さいませ。



↓販売ページはコチラから



次回の店頭販売日は2月23日24日13:00~18:00です。宜しくお願い致します。


[PR]
by fkchimeji | 2013-02-19 00:00 | THE・テクニック
雌雄の割合を操作
a0185031_21235794.jpg

卵の段階での雌雄の割合を増やす方法をお知りになりたい方はmailにてお問い合わせくださいませ。





↓販売ページはコチラから



次回の店頭販売日は1月26日27日13:00~18:00です。宜しくお願い致します。


[PR]
by fkchimeji | 2013-01-23 00:00 | THE・テクニック
水換えのサイン
a0185031_22215617.jpg

水換えの一つの目安と致しまして、水槽飼育の場合(粘膜保護材を使用していないのにも関わらず)このように水槽の隅っこで泡切れが悪いことがあるかと思います。


私は、これを目安に水換えを行っております(もちろん病気の時はこれに値しません)






↓販売ページはコチラから



次回の店頭販売日は12月29日(13:00~18:00)です。宜しくお願い致します。


[PR]
by fkchimeji | 2012-12-26 00:00 | THE・テクニック
金魚の色艶
a0185031_1123117.jpg

金魚さんの色艶についてよく質問を受けます。一般的な方法と致しまして、色艶を上げるのには「さなぎ」が有効です。見た目はグロテスクですが使えます。ただ、低水温時にはお勧めできませんのであしからず。


↓販売ページはコチラから



次回の店頭販売日は11月25日(13:00~18:00)です。宜しくお願い致します。


[PR]
by fkchimeji | 2012-11-25 00:00 | THE・テクニック
ハロウィンじゃないけどね。
a0185031_23132221.jpg

※画像はイメージです。
かぼちゃを蒸して与えるとね、キガシラが上品なレモン色に変わりますよね(*´∀`*)


与えすぎは、水質悪化の原因ですのでお気を付けて。



↓販売ページはコチラから



次回の店頭販売日は10月6日7日8日(13:00~18:00)です。宜しくお願い致します。


[PR]
by fkchimeji | 2012-10-03 00:00 | THE・テクニック